ツクモルbyToshimaについて

ツクモル by Toshimaとは、ツクモルと豊島区とが一緒になって取り組んでいるプロジェクトです。
「女性にやさしいまちづくり」を推進している豊島区の視点を取り入れながら、
防災ワークショップの開催や災害に役立つグッズの制作、区内のイベントへの出展などを行うことで、
豊島区の女性がもっと「防災」とカジュアルに向き合える、そんな場を作っていきます。

またツクモル by Toshimaでは、豊島区内で活動する様々な団体とのコラボレーションも行っています。
区内活動団体との共同でのイベント出展や、チラシ・グッズ等の制作から、
区内活動団体に向けたデザイン・ブランディング等についてのセミナー講師など、活動は多岐にわたり、
「まちづくり」を担う一員として、まちと密接に関わり合っています。



活動内容

2016年8月に南池袋公園で開催した「親子で参加!防災ワークショップ 〜わたしのつくるが、あなたをまもる〜」を皮切りに、
池袋サンシャインシティ、豊島区保健所、日の出ファクトリー、区内の公園や保育園・小学校等、
豊島区の様々な場所で防災のワークショップや販売イベントを主体に活動してきたツクモル by Toshima。

最近では豊島区内の施設を彩る、パブリックアートプロジェクトへの参加も行っています。
「ルミネ池袋×豊島区 優先エレベーターラッピング装飾」では、ツクモルメンバーのかつむらによる作品がエレベーターいっぱいにラッピングされ、
利用者に対し、車椅子やベビーカーの方にエレベーターを譲ることを優しく呼びかけています。
他にも「としまパブリックトイレプロジェクト」への参加、豊島区の避難マップの制作など
クリエイティブな内容で豊島区のまちづくりや防災啓蒙を進めています。


またギャラリースペースでもあり、工房でもある「日の出ファクトリー」では、豊島区を拠点に活動する様々な人との出会いがありました。
その縁をきっかけに
豊島区初オーガニックバンド「あめすい」のバンドグッズとして、メンバーに見立てたどうぶつホイッスルを制作したり
「エンジョイボタニカルライフ推進室」の企画イベントへの参加や、看板の制作、イベントの装飾を行ったり
「@craft」「くりころん」のリーフレットやチラシを制作したりなどなど
幅広い内容で、まちの人たちと関わっています。

2018年4月22日には、COFFEE MUSIC GALLERY「KAKULULU」の入る三角ビルにお引越し。
今後はよりまちと密接に関わり、豊島区の一員として活動していきます。



お問い合わせ

あなたの街にもツクモルを!?

ツクモル by Toshimaとして豊島区を軸足に活動をしている経験を活かし、
あなたのまちでのワークショップや販売イベントの依頼はもちろんのこと、
あなたのまちのローカルな魅力を発掘するためのアイディア出しや、
まちを活性化させる企画づくりのお手伝いといった内容でのご相談もお待ちしております。

また、ツクモルにはデザイナーやイラストレーターといったクリエイティブなメンバーが在籍しています。
街や団体のマスコットキャラクター、ロゴ、紹介パンフレットの制作などもお請けしております。
ぜひお気軽にご相談ください。